結婚のメリット・デメリット!男女別で考えてみた!

あべれいじ
こんにちは!あべれいじです。

結婚して幸せになりたい…そう思って婚活していますよね?
結婚してどんなメリット・デメリットがあるか?を一度整理してみませんか?

あなたはなぜ結婚したいとおもっているのですか?世間体?寂しいから?経済的な安定?
結婚にはメリットもデメリットもあるんです。
ここでは、男女別の結婚のメリット・デメリット、結婚して得になるお金の話をします。

男女共通の結婚のメリット・デメリット

男女共通の結婚のメリット

新しい家庭・子供がもてる

新しい家庭や子供がもてるというのが結婚の最大のメリットです。
家庭は社会の基になるものですし、子供は年老いた時にあなたの助けになってくれるでしょう。

好きな人と一緒にいられる

好きな人と一緒にその人の子供が持てるというのは誰もが憧れる生活ですよね
好きな人と生活を共にできることで毎日がハッピーになれる!これが結婚の醍醐味です。

経済的な負担が減る

それに、経済的にも安定して過ごせるというのも重要なポイントです。
二人の収入を合わせて家庭で使えるのはありがたいことです。あなたかお相手がもし、病気や会社が倒産して失業してもお相手がいればなんとかしのげるかもしれませんね。

人としての成長できる

結婚というのは、お互いに他人が一緒に暮らすのですから、
お互いに人として接することで人として成長できるというのも結婚の幸せです。
人は社会の中でも成長できますが、結婚でも十分成長できるものなのです

男女共通の結婚のデメリット

自由に使える時間が少なくなる

結婚すると独身の時のように自分だけのために使える時間が少なくなります
最初は戸惑うかもしれません。でも、家族に使う時間が増えることも幸せと感じられるようになると思います。

自由に使えるお金が少なくなる

家族のために使うお金が増えるのでこれは仕方ないことですよね。
自分だけのためのお金から家族のためのお金に変えていきましょう。

面倒な親戚付き合いが増える

相手の両親や親戚などが増えるので面倒に思ってしまうかもしれません。
結婚するということは人の輪が広がること。親戚付き合いも大切なことです

女性の結婚のメリット・デメリット

女性の結婚のメリット

安心して子供がもてる

女性の場合、やはり結婚して子供が持てるのは最大の喜びですね
好きな人の子供を持つことは女性にとってこれ以上ない幸せです。

さみしくない

好きな人と一緒に居られるので寂しさから逃れられますね。
独身の時のあの空虚感、さみしさをさよならすることができます

将来の不安から解消される

一人だと何か不安があっても全て自分で解決しなければなりません。
でも、結婚すればその不安は二人で乗る超えていけるため不安が解消できます

世間体ストレスをうけなくなる

女性にとってとても気になる世間体ストレスからも解放されますね。
両親や親戚から「まだ結婚しないの?」というプレッシャーも受けることがなくなります

女性の結婚のデメリット

家事・育児の負担が多い

女性の場合、結婚して家にいる時間が男性よりも多いことから家事や育児への負担が大きくなります。ただ、それは家族のため、結局は自分のためなんです。

自由な時間が少なくなる

自分の趣味などに使える自由な時間が少なるなるのは結婚すれば仕方がないことです。
考える軸を自分から家族に切り替えていきましょう。

孫はまだか?プレッシャーがある

若い女性の場合は両家の両親などから「孫はまだか?」のプレッシャーを受けることもあります
それはそれ、すんなりと受け流してしましましょう。

男性の結婚のメリット・デメリット

男性の結婚のメリット

仕事のモチベーションが上がる

男性の場合、結婚することで仕事のモチベーションが上がるという人が多いです
自分に守るべき人、家族ができると人は頑張ることができるものです。

健康管理を任せられる

独身の時と違って奥さんが料理をしてくれるので健康管理を任せることができるのもありがたいです。今までのような外食中心、コンビニ弁当という食生活から抜け出せますね

家事の負担が減る

家事の負担が減ることが男性にとっては大きなメリットではないでしょうか?
もちろん、今は共働きが多いので家事は分担するにしても自分ひとりでやることを考えれば雲泥の差です。

男性の結婚のデメリット

お金が自由に使えない

男性にとって、自分で稼いだお金を自由に使えないのはストレスですね。
でも、家庭を持つということは自分ではなく家庭のためにお金を使うということです。

趣味に費やす時間が自由にならない

時間も結婚すると自由に使えなくなります。独身の頃は趣味に使えていた時間も自由にならないこともあります。時間は自分で作り出すように前向きに考えましょう。

保守的になる

男性によりますが、結婚すると、リスクのある事に挑戦できなくなる人もいます

  • 仕事で転職したい
  • 独立したい

などといった野望も結婚することでやりにくく保守的になることも多いようです。

男性は結婚しないと早死にする!?

未婚男性は既婚男性よりも早死にというデータがあります。
45歳から65歳の既婚者と未婚者では、未婚者の方が死亡率が約2倍ほど高いのです
特に心筋梗塞での死亡リスクは既婚男性の3.5倍も高いことが分かっています。
原因としては、未婚男性の食生活がコンビニや弁当中心だったりと健康に悪いことや
話し相手がいないことによるストレスの蓄積も早死にの原因になっているようです。

結婚して得になるお金の話し

配偶者控除で得をする

結婚すると、税制優遇措置がうけられます。
所得控除を受けることで納税金額が減り、手取り収入が増えます。
「配偶者控除」では、配偶者の年収が103万円以下であれば38万円も所等控除されます。もし、収入がこれを超えてしまった場合でも年収141万円までは「配偶者特別控除」を受けられます。

年金控除で得をする

社会保険に加入している配偶者の扶養に入ることで、配偶者は国民年金の「第3号被保険者」扱いになり、国民年金の支払いは不要となります。この時、年収が130万円を超えていないことが条件です。

配偶者手当で得をする

配偶者手当とは、配偶者のいる労働者に対して会社が支給する手当のことをいいます。
一般的には、「家族手当」や「扶養手当」という名称で、配偶者や子供それぞれに手当を支給する企業が多いようです

児童手当で得をする

結婚して子供が生まれた時は児童手当の申請はかならずしましょう。
0歳~3歳未満は15000円、3歳~小学校終了までは10000円、中学生は10000円の自動手当が支給されます。さらに、会社によっては子供手当や育児手当が支給される場合もあります。

入籍しない事実婚はどうなの?

事実婚のメリット

夫婦になっても別姓を続けることができる

事実婚の場合は、夫婦になっても別姓を名乗り続けることができるため氏名変更の精神的なストレスを受けずに済むというメリットがあります。

離婚をする場合の精神的・物理的ストレスを受けずに済む

一度離婚をしたことがありもうコリゴリというような人もいます。事実婚では、上手くいなかくても慰謝料、裁判など離婚による精神的、物理的なストレスを受けずに済むというのもメリットになります。

事実婚のデメリット

相手の法定相続人になれない

事実婚の最大のデメリットは配偶者の法定相続人になることができません。
これは、夫・妻が亡くなっても遺産を相続することができないことを意味します

所得税で配偶者控除制度が受けられない

結婚すれば受けられる配偶者控除制度ですがこれは事実婚の場合には受けることができません

相続税において配偶者税額軽減がない

結婚している場合には配偶者に相続税はかかりません。それは配偶者税額軽減のおかげです。
事実婚の場合には相続税がかかることになります

結婚はメリット・デメリットだけで考えるのは危険!

ここまで結婚のメリット・デメリットを挙げてきましたが、管理人からするとそもそもメリットがあるから結婚をする!というのはおかしな話だと思うのです。
結婚というのは、

  • この人と一緒に居たい…
  • この人の子供が欲しい…
  • 生涯をこの人と暮らしたい…

という思いがあるからこそ結婚できるのです。
なので、どんなメリットがあるとかデメリットがあるとかそんな頭でっかちの考えは捨ててしまいましょう。
あなたが望んでいるのは心の底から結婚して良かったなぁ~と思えるものですか?
それとも、スペックだけのメリットですか?
どうぞ、メリット・デメリットに拘らずに自分の心のままに大好きな人と結婚できますように!

※ブログランキングに参加しています!
「ポチッ」としてくれると助かります^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村


婚活アドバイス・婚活応援ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です